不動産投資でアパートを売却しました

複数の不動産業者に相談、契約実現

そこで、普段から管理をお願いしていた不動産業者と、近所の不動産業者の2軒に相談することにしました。
初めに近所の業者に行ったのですが、そこでは思いのほか好印象な話を聞くことができ、立地や設備が整った物件なのでそれなりの高値が期待できるとのことでした。
次いで、普段から管理をお願いしている業者を訪問したところ、以前からそのアパートに興味を持っている人がいるとの話を聞くことができました。
あまりにもタイミングが良かったのですが、条件が折り合わなければ断ろうと考えていました。
初めの業者からの話を聞いていたので、決して安く売り急ぐ必要がないことが分かっていたためです。
この時には、急いで現金化したい時でも、決して売り急ぐことなく複数の業者に相談する必要性を実感しました。
実際に業者に行って相談するのは面倒なことですが、その少しの手間で何十万円もの差が発生してきます。
時給に換算すると驚異的な時給ですので、少しの手間を惜しんではいけません。
わたしの場合は、結果的に管理をお願いしている業者から紹介された方と契約することにしました。
条件的にも金額的にもわたしの想定を上回るもので、さらに支払いは現金で可能とのことでした。
また、購入された方は、わたしが管理をお願いしていた業者とは長年の付き合いということで、本来必要になる手数料もかなり割引してもらうことができました。
もちろん、管理は引き続いてその業者が行うことになりましたが、それについては、わたしたちはもちろんのこと、入居者の方にとっても魅力的な条件です。
今回は運が良かったですが、日ごろから様々な方と話をしていくことによって情報を広く集めることができます。
また、情報を多く持っている人と知り合いになることで、有利な情報を得ることもできます。
投資全般に共通することですが、不動産投資は特に情報が物を言う投資ですので、そのことを学ぶ機会になりました。

不動産投資を行うため、アパートを売却することに複数の不動産業者に相談、契約実現